ビタミンの種類

ビタミンの種類は色々あり、それぞれが人間の体にとって重要な役割を果たしています。体の機能を維持するために必須の栄養素で、炭水化物、たんぱく質、脂質が体内でエネルギーに変わる際に、その転換の手助けする役割を担っています。ビタミンの種類にはまずビタミンAがあり、ビタミンAが不足すると、感染症にかかりやすくなると言われています。脳や神経の大切なエネルギー源となるビタミンがビタミンB1で、中枢神経や手足の末梢神経を正常にする作用があります。ビタミンB2は、細胞の再生やエネルギーの代謝を促進する作用があり、ビタミンB6は、皮膚や粘膜の健康と密接に関連していて、不足すると、脂漏性湿疹ができたり、口内炎や結膜炎になりやすくなります。ビタミンB12は、血を作る作用があるので、不足すると悪性貧血になります。ビタミンCは、美容と健康に欠かせないもので、タンパク質の合成に不可欠です。皮膚や骨の健康を維持したり、傷を修復したりする働きがあります。骨の形成にかかわっている脂溶性のビタミンがビタミンDで、不足すると満足な骨を作ることができません。この他にも、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンP、ビタミンQ、ビタミンUなどがあります。こむら返りの予防のグッズ