顔のシミと肝斑

顔にできるシミにはいくつかパターンがあり、その中でもホルモンが原因のものが肝班です。肝班が普通のシミと違うところは、右と左で対象にできることです。鼻の脇、額、目のまわりなどにできます。肝斑は普通のシミとは違って、シミの線がはっきりとしないのが特徴です。また、肝班はその日によって濃さが変わります。これはホルモン分泌が関わっているためです。30代以上の女性の顔に肝班はできることが多いといいます。口径避妊薬や、妊娠している時にできるやすいともいいます。シミの治療にレーザーを使うと、シミをひどくしてしまう可能性があるので、肝斑を治療する場合にはレーザーは使用できないそうです。トラネキサム酸という、かつては止血剤に使っていた成分を飲み薬にしたものがあります。肝班の治療を行うときは、このトラネキサム酸を用いることが多いようです。肌が紫外線を浴びていたかとは関係なく、ホルモンの調子によって肝班は顔にシミをつくります。バランスが崩れるとプラスミンという情報伝達物質が分泌されて、メラニンの生成を活発にさせてしまいます。肝班の治療にトラネキサム酸を使うのは、トラネキサム酸がメラニンの生成を少なくする効果があるからです。さまざまな理由で顔にはシミができるものであり、原因に応じて治療内容も変わります。顔のシミの治療を受ける際はしっかり比較検討して、肝斑の状態に適した治療方法を選択していただきたいものです。おりものの臭いのケア方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>